きゅうりの漬物レシピ

きゅうりの漬物レシピです。簡単でおいしいですよ。

きゅうりの漬物レシピ

きゅうり 500g
しょうゆ   80cc
酢      80cc
みりん    80cc
砂糖     大さじ3
ニンニク    少々
しょうが    少々
ごま油     少々

きゅうりは水でよく洗っておく。
きゅうりは、5p幅に切ったものを4つ切りにする。
きゅうりを塩で軽くもんでおく。
にんにく、しょうがは薄くスライスする。
しょうゆ、酢、にんにく、しょうが、ごま油を入れて付け汁を
作る。
容器に、水気をきったきゅうり、付け汁を入れる。
1日冷蔵庫で漬けて出来上がり。

簡単に出来る漬物ですね。
他にも、大根、にんじんなどを漬物にしてもおいしいですね。
漬物は冷蔵庫で保存して、なるべく早めに食べましょう。

きゅうりのピクルスレシピ

きゅうりのピクルスレシピです。きゅうりが余っているときは、
漬物にするのもいいですが、ちょっと洋風にきゅうりのピクルス
にしてしまうと、長く保存することが出来て便利です。
簡単に出来るきゅうりのピクルスのレシピです。
ハンバーガー、サンドイッチ、タルタルソースに入れると
おいしいですね。

きゅうりのピクルス レシピ

キュウリ 2本
水 1カップ
塩 小さじ4
酢 120cc
砂糖 大さじ4
にんにく 1/2片
鷹の爪 1/2本
ローリエ 1/2枚


ボールに水と塩を入れて、よく混ぜる。
良く洗ったキュウリを入れ、冷蔵庫に一日おく。
にんにく、鷹の爪は細かく切る。
鍋に酢、砂糖、ニンニク、鷹の爪、ローリエを入れ、煮立てる。
保存容器を煮沸消毒する。
きゅうりの水気を切り、保存容器に詰める。
冷ましたピクルス液を注ぎ入れてふたをする。
1日ほどおいて出来上がり。

セロリ、ニンジン、たまねぎでもおいしいピクルスが作れますよ。

冷汁レシピ

きゅうりを使った冷汁のレシピです。
冷汁(ひやじる)とは宮崎県などの地方で食べられている、
冷たいみそ汁のぶっかけご飯のような物です。
きゅうりが使われているのが特徴です。
東国原知事になってから、宮崎県名物として時々紹介される
ようになってきていますね。

冷汁 レシピ
(4人分)
煮干 50g
味噌 200g
豆腐 1/2庁
きゅうり 1本
青しその葉 2枚
胡麻 30g
冷水 600cc

きゅうりは小口切りにする。
青しそは千切りにする。
煮干は、頭と腹わたをとり、フライパンでから炒りします。
すり鉢に、煮干、胡麻を入れよくする。
味噌を加えてよくする。
豆腐を加えてよくする。
氷水を加えてよく混ぜる。
ごはんをよそい、きゅうり、青しそをのせて、冷汁をかけて
出来上がり。

食欲の無い、夏場に冷たい冷汁があいますね。

きゅうりの浅漬けレシピ

きゅうりの浅漬けのレシピです。余ったきゅうりは漬物にして
おくと便利ですね。ただし、浅漬けなので、夏場は冷蔵庫で
保存して早めに食べたほうがいいですね。

きゅうりの浅漬けレシピ
きゅうり 4本
塩 適量
昆布 小さいのを2枚
唐辛子(鷹の爪) 2個

きゅうりをよく水洗いしたあと、食べやすい大きさに切る。
昆布を軽く洗います。
きゅうりをタッパーなどの容器に敷きます。
適量の塩をふり、昆布、鷹の爪をきゅうりの上におきます。
塩の量は野菜の重さの2〜3%程度が適量といわれています。
重石をして一晩漬けて出来上がり。

簡単ですぐ出来ますね。
きゅうりの他に、白菜、大根、ナス、キャベツ、にんじん
など冷蔵庫に余っている野菜もいっしょに浅漬けにしても
いいですね。
昆布は入れすぎると粘り気が出てヌルヌルしてしまうので
注意が必要です。

きゅうりとわかめの酢の物レシピ

きゅうりとわかめの酢の物レシピです。簡単ですぐ出来ます。
おかずをもう1品増やしたいときに便利ですね。
低カロリーでヘルシーですね。

きゅうりとわかめの酢の物レシピ
(4人分)
きゅうり 1本
乾燥わかめ 大さじ4
酢 大さじ4 
砂糖 小さじ2 
しょうゆ 小さじ1/2
塩 小さじ 1/4
和風だし汁 大さじ2 

きゅうりは縦縞目に皮をむき、薄い輪切りにして塩少々で
揉んでおく。
きゅうりがしんなりしたら水洗いして水気を絞っておく。
干しわかめは水で柔らかくもどし、水気を絞る。
わかめを食べやすい大きさに切る。
酢、砂糖、しょうゆ、塩、和風だしを混ぜて、合せ酢を
作る。
器に、きゅうり、わかめを盛り付けて、合せ酢をかけて
出来上がり。

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。